おちょやん第11週(2月15日~2月19日)あらすじネタバレ

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空おちょやん

おちょやん第11週「親は子の幸せを願うもんやろ?」(2月15日~2月19日)あらすじネタバレ

おちょやんガイドブック

大山に認められた「鶴亀家庭劇」

一平率いる「鶴亀家庭劇」は、大山社長に認められ、一か月後の師走に「えびす座」で次の公演を打つことになりました。

一平は「母に捧ぐる記」の台本を書き直し、笑える場面を増やし、次の演目にしたいと千之助に見せます。

少し書き直してもいいかと言いながらも千之助は、一平の台本を受け入れました。

みつえと福助が相思相愛の仲になっていた

「岡安」では、シズの娘みつえの縁談が持ち上がっていました。

相手は老舗の料亭の跡取り息子とあって、シズも宗助も乗り気です。

お茶子たちは、みつえは子供の頃から一平が好きなのだと噂していましたが…

実は、みつえは、菊の息子で幼馴染の副助と相思相愛の仲でした。

ですが… 犬猿の仲のシズと菊が、二人の結婚を許すはずがありません。

みつえからシズと菊を説得してほしいと頼まれた千代は、一平に台本を書いてもらい、一芝居打つことにしました。

千代は、四年前、道頓堀から逃げ出す手助けをしてくれたみつえをどうしても助けたかったのです。

次の日、シズが帳簿をつけていると、みつえに支えられ、顔にあざを作り、足を引きずる福助が入ってきました。

チンピラに絡まれたみつえを福助が助けたと聞いて、お茶子たちが大げさにその勇気を褒めそやします。

ところが、かめが緊張のあまり手拭いと間違え、懐から一平が書いた台本を取り出してしまったため、シズに全てがバレてしまいました。

怒りに震えるシズを見て福助は一目散に逃げ出してしまいます。

シズは、福助と結婚しても菊からいじめられるだけだと、みつえに別れるように言いますが…

みつえは、それを聞き入れません。

シズが「福富」にやって来て…

ある日、「岡安」に久々に五十人の上客が入りますが… その客は元の「福富」の得意客でした。

彼らが、菊に薦められて「岡安」に来たことを知ったシズは、こんな大きな借りを作ったままでは気が済まないと「福富楽器店」に向かいます。

千代とみつえは、これでシズと菊が仲直りだと喜び、後を追いました。

ところが… シズは、いきなり

「わてをこけにすんのもたいがいにしとくなはれ!!」

と切り出します。

シズは、菊に礼を言いに来たのではなく、文句を言いに来たのでした。

そして、良きライバルだった「福富」が芝居茶屋を辞めてしまったことへの無念をにじませつつも、こんな店に大事な娘を嫁がせるつもりはないと言い放ってしまいます。

みつえの願いをなんとか叶えてやりたい千代は、「岡安」に戻ったシズになんとか二人を許してあげてほしいと頼み込みますが…

みつえを大事に育ててきたシズには、苦労することが目に見えている「福富」への嫁入りは、到底許せるものではありませんでした。

「母に捧ぐる記」が「マットン婆さん」に

「鶴亀家庭劇」では、次の公演の稽古が始まっていましたが…

「母親の無償の愛」を描こうとした一平の台本「母に捧ぐる記」は、千之助が大幅に手直しし、「マットン婆さん」という題名に変わり…

主役は母親から手伝いの婆さんに変わっていました。

その主役の婆さんを演じるのは、千之助です。

みつえと福助の結婚をシズが…

「鶴亀家庭劇」の第二回公演が幕を開ける朝、みつえが置き手紙をして福助と駆け落ちしました。

千代だけが二人の行方を知っていましたが、そのことは胸に秘めたまま舞台に臨みます。

この日の舞台でも千之助は、台本とは違う芝居を繰り広げていましたが… 途中で千之助の雰囲気が変わります。

そして、最後には千之助演じるマットン婆さんの「無償の愛」を感じさせる芝居で満場の拍手と涙と笑いに包まれ、幕が下りました。

「悔しいけど……この芝居、おもしろいわ」

一平は、形は変わっても自分が伝えようとした「母親の無償の愛」がちゃんと描かれていることに気付きます。

そんな一平を見ていた千代は、ハッとしてこれから駆け落ちしようとしているみつえと福助がいる神社に駆けつけました。

千代は、何度でも言い続ければ、いつか必ずシズは許してくれると、みつえを説得します。なぜならシズは、みつえのお母ちゃんだからです。

ですが、駆け落ちをしたら、一生シズにも宗助にも会えなくなります。

「うちは、そないなってほしくない」

そこへシズがやって来ます。

みつえは、自分たちが間違っていたと謝ると、シズたちと同じくらいに福助のことが好きなのだと地面に膝をついて結婚の許しを請いました。

すると、シズは

「ついといで」

と言い、みつえたちを連れて「福富」へ行くと、菊に頭を下げます。

「お菊姉さん、みつえを福助さんに嫁がしてやってもらわれへんやろか!」

二ヶ月後、「福富」でみつえと福助の祝言が挙げられました。

※参照 NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 おちょやん Part1(NHK出版)

放送前に

「大阪のお母さん」と呼ばれた大女優・浪花千栄子さんをモデルにしたヒロイン竹井千代の波乱万丈の生涯を描く朝ドラ「おちょやん」第11週は…

みつえと福助が恋仲になっていたことが明かされ、二人が結婚するまでのお話が中心に描かれるようになりますね!

「岡安」と「福富」、シズと菊は、筋金入りの犬猿の仲ですから…

みつえと福助は、まるでジュリエットとロミオのようですが…

「ロミオとジュリエット」と違い、「おちょやん」のみつえと福助のお話は悲劇では終わらず、ハッピーエンドとなりますけれどもね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました