おちょやん第1週(11月30日~12月4日)あらすじネタバレ

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空おちょやん

おちょやん第1週(11月30日~12月4日)「うちは、かわいそうやない」あらすじネタバレ

おちょやんガイドブック

大正5年、おちょやん竹井千代の物語が始まる

大正5(1916)年から「おちょやん」の物語は始まります。

「おちょやん」の主人公・竹井千代は大阪の南河内で貧しい農家の家に生まれました。

幼い頃に母を亡くし、飲んだくれの父テルヲと弟ヨシヲと三人で暮らしていた千代は口が達者な元気な女の子でしたが…

父の留守中は、小さい弟の面倒を見ながら、生活のため、鶏の世話をしなければならず、小学校にも通えずに隣近所の子どもに陰口を叩かれる日々を送っていました。

そんなある日、テルヲが新しい母親・栗子を連れて来ます。

新しい母・栗子は父以上の怠け者!

父テルヲが新しい母親、栗子(宮澤エマ)を連れて帰ったことで、千代は、これからは小学校に通えると喜びました。

ところが、栗子は、テルヲ以上に朝寝坊で、ゴロゴロと寝ているばかりで家事は何もしませんでした。

挙句に、千代が弟ヨシヲのために学校から持ち帰った大切なおはぎを栗子が横取りしてしまう始末です。

これをきっかけに二人は対立を深めていきます。

その夜、テルヲは、血相を変え、家を飛び出していきました。

テルヲと千代が鶏の品評会に参加

テルヲは、栗子を引き留めるため、一獲千金を狙い、飼っていた鶏・流星丸を売る決断をしました。

そして、千代を連れ、観賞用の鶏の品評会が開かれるガラス工場の社長の屋敷を訪れます。

周りの他の売り手たちが、千代が見たこともない立派な鶏を次々と差し出すものの、鋭い眼光の峰岸社長は、いっこうに首を縦に振りません。

緊張が張り詰める中、ついに千代たちの流星丸の番が巡ってきます。

千代の弟ヨシヲが行方不明に!

社長の厚意から鶏を売ることができたテルヲと千代は、意気揚々と家に帰りましたが…

そこには、栗子一人しかおらず、千代の弟ヨシヲの姿が見当たりません。

翌朝から村中でヨシヲの捜索が始まりました。

居ても立っても居られない千代は懇願し、大人に混じって一緒にヨシヲを探します。

どうしてヨシヲは一人でこんな山奥に立ち入ったのかと考え込む千代の目に飛び込んできたのは、崖上に転がるヨシヲの草履でした。

そして、千代も行方不明になってしまいました!

栗子が千代を奉公に出そうとする

子どもを授かった栗子は、千代とヨシヲを奉公に出すことをテルヲに提案します。

憤慨する千代は栗子を追い出そうと策略を練りますが、栗子を慕う者もいて、心持ちは複雑でした。

さらに… ヨシヲが山奥で迷子になったのが、栗子の体を気遣って薬草を取るためだったことを知って千代はショックを受けます。

千代は、自分の居場所の無さを実感しつつも、ヨシヲの幸せを願う心から煮え切らない父テルヲの真意を問い詰めました。

放送前に

「大阪のお母さん」と呼ばれた大女優・浪花千栄子さんをモデルにしたヒロイン竹井千代の波乱万丈の生涯を描く朝ドラ「おちょやん」が、いよいよ始まります!

現在、五十代の私は、正直に告白しますと、浪花千栄子さんのお名前を聞いてもピンとこなかったのですが…

私が子供の頃、オロナイン軟膏のCMに出ておられた、あの方が、浪花千栄子さんだったんですね!

なんでもオロナイン軟膏のホーロー看板は、昭和グッズとして現在では「お宝」になっているらしいです!

で、その浪花千栄子さんをモデルにした竹井千代を演じる杉咲華さんは、表現力に定評がある女優さんですが…

私たち朝ドラファンには、「とと姉ちゃん」で高畑充希さん演じるヒロイン常子の妹・美子を演じた人ということになりますね!

「とと姉ちゃん」から四年、今度はヒロインとなった杉咲さんに期待したいですね!

朝ドラがいろいろ視聴できます

※「おちょやん」「エール」「あまちゃん」などの朝ドラ作品は、31日間無料トライアルがあるU-NEXTで視聴できます

サイトナビ

⇒⇒⇒おちょやん第2週(12月7日~12月11日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒11月30日スタート「おちょやん」あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒「おちょやん」トップページはこちらから

※「おちょやん」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『おちょやん あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました