11月30日スタート・朝ドラ・「おちょやん」あらすじネタバレ

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空おちょやん

11月30日スタート「おちょやん」あらすじネタバレ

朝ドラ「おちょやん」あらすじネタバレ用フォト

朝ドラ「おちょやん」とは

2020年11月30日から放送開始となる朝ドラ=連続テレビ小説「おちょやん」とは…

「大阪のお母さん」と呼ばれ、親しまれた女優・浪花千栄子さんの人生をモデルとして描かれる大正から昭和、戦前から戦後にかけての激動の時代をたくましく生き抜いた女性の一代記になるはずです。

タイトルろなる「おちょやん」とは大阪言葉で茶屋、料亭などで働く「小さい女中さん」を意味していて…

浪花千栄子さんをモデルとしたヒロインにこの「おちょやん」をしていた時期が八年間あり、彼女の原点となったことから、作品タイトルとして採用されたようです。

「おちょやん」あらすじネタバレ

貧しい家に生まれた千代

「おちょやん」のヒロインとなる竹井千代は、明治の末、大阪・南河内の貧しい家に生まれました。

満足に小学校へも通わせてもらえなかった千代は、9歳の時に道頓堀の芝居小屋へ女中奉公に出されます。

そこで目にした華やかな芝居の世界に惹かれた千代は、女優を志すようになり、芝居の世界へと飛び込んでいきます。

結婚し、喜劇女優として成長していった千代

京都の映画撮影所などを経て、大阪に新しくできた「鶴亀家庭劇」に参加した千代は、そこで喜劇界のプリンス・天海一平と出会い、結婚します。

そして、女優として成長していった千代は夫・一平と二人三脚で理想の喜劇実現を目指し奮闘しますが…

戦争が始まり、道頓堀も空襲を受けてしまいました。

一度は女優を辞めた千代だったが…

戦争は終わり、「鶴亀家庭劇」は「鶴亀新喜劇」として復活しますが、一平との結婚生活は破たんし、千代は芝居の世界から去ってしまいます。

ですが… ラジオドラマへの出演をきっかけに千代は、女優として不死鳥のように復活しました!

大家族をめぐる泣き笑いのラジオドラマは10年も続く人気番組となり…

12人の子を持つ母を演じた千代は「大阪のお母さん」として絶大な人気を得て、名実ともに上方を代表する大女優になっていきます。

参照:https://www.nhk.or.jp/ochoyan/about/

「おちょやん」放送回数は未定

「おちょやん」放送開始は11月30日ですが…

コロナ禍のため、朝ドラ「エール」に放送休止期間が生じた影響を受け、「おちょやん」の放送回数は、放送開始まで二週間をきった11月17日の時点でまだ未定とまっているようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました