朝ドラ・おちょやん第91話あらすじネタバレ

おちょやん

おちょやん第91話(4月12日放送)あらすじ(ネタバレ)

朝ドラ・おちょやん第91話あらすじネタバレ・イメージフォト 真っ青な空

千代たちが道頓堀に呼び戻される

終戦から3年、千代(杉咲花)と家庭劇の面々は、地方を回りながら公演を続けていました。

ある日突然、熊田(西川忠志)が、千代たちの前に現れます。

鶴亀株式会社の社長・大山(中村鴈治郎)からの、道頓堀に戻ってこいというお達しでした。

その頃、道頓堀は再び芝居の街として復興し始めていました。

大山は、千代たちに新しい劇団を作り、日本一の劇団にするように伝えます。

しかし、一平(成田凌)は何か思う所があり、すぐに返事をしませんでした。

参照:https://www.nhk.jp/timetable/130/tv/20210412/daily/now/

朝ドラがいろいろ視聴できます

※「おちょやん」「エール」「あまちゃん」などの朝ドラ作品は、31日間無料トライアルがあるU-NEXTで視聴できます

⇒⇒⇒おちょやん第92話(4月13日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒おちょやん第19週(4月12日~4月16日)あらすじネタバレはこちらから

放送前に

一平が、すぐに返事をしないのは、自分たちが大山に切り捨てられたと思っているためのようです。

また、「万太郎一座」ではなく、なぜ「家庭劇」を大山が呼んだのかということに疑問を抱く劇団員も出てくるようですが…

その答はシズが知っていました。

万太郎は、のどのガンになってしまい、役者を続けていくことができない状態になってしまっていたのです。

第91話から始まる第19週は、新たな劇団「鶴亀新喜劇」が立ちあがるまでの話が大きな軸となってきますが…

喜劇王・万太郎の最期も描かれるようになります!

万太郎最後の舞台には、万太郎と一緒に舞台に立つのは四十年ぶりとなる千之助も立つようになるのですが…

これは、絶対に見逃せませんね!

おちょやん 第91話 視聴率とトピック

おちょやん 第91話 視聴率 13.2%

4月12日(月曜日)放送の『おちょやん』第91話の視聴率は13.2%でした。同時帯にマスターズの中継がされていた事が、「おちょやん」最低視聴率につながったようです。

万太郎が声を失ったことを一番受け入れられなったのは…

万太郎が声を失い、役者を続けられなくなってしまったという現実を一番受け入れられなかったのは、もしかしたら千之助だったのではないでしょうかね?

千之助が、ここまで役者をずっと続けてきたのは、万太郎との間にあった様々なことがエネルギーになってだったでしょうからね!

サイトナビ

⇒⇒⇒おちょやん第92話(4月13日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒おちょやん第19週(4月12日~4月16日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒「おちょやん」トップページはこちらから

※「おちょやん」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『おちょやん あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました