朝ドラ・おちょやん第62話あらすじネタバレ

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空おちょやん

おちょやん第62話(3月2日放送)あらすじ(ネタバレ)

朝ドラ・おちょやん第62話あらすじネタバレ・イメージフォト 真っ青な空

一平、二代目天海天海襲名を断る

一平(成田凌)は、社長の大山鶴蔵(中村鴈治郎)から父親の名前を継ぎ、二代目天海天海を襲名するよう言われました。

しかし、周囲の期待をよそに一平は、それを断ってしまいます。

それは、女好きで、母親を追い出した父・天海への恨みからでした。

ですが、襲名は社命であり絶対のことです。

一平がそれを断れば、「鶴亀家庭劇」の存続も危うくなるのでした。

そんな中、みつえ(東野絢香)が実家の「岡安」で夫婦ゲンカの愚痴を吐き、シズ(篠原涼子)が、それを叱っているのを見て、千代(杉咲花)はあることを思いつきます。

参照:https://www.nhk.jp/timetable/130/tv/20210302/daily/now/

朝ドラがいろいろ視聴できます

※「おちょやん」「エール」「あまちゃん」などの朝ドラ作品は、31日間無料トライアルがあるU-NEXTで視聴できます

⇒⇒⇒おちょやん第63話(3月3日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒おちょやん第13週(3月1日~3月5日)あらすじネタバレはこちらから

放送前に

子供の頃から一平は、自分の父親のことを傍観者的・第三者的な視点で見ていたように感じました。

一平が、そんなふうに父親のことを見るようになったのは、女好きだった父が、そのために母を不幸にしたものと思い込み…

そのために父親に対して批判的になっていたためだったのではないでしょうかね?

そうだとすれば、そんな父親の名を継ぎ、自分が父の「二代目」となることに一平が抵抗を感じるのも当然ですが…

今週(第13週)の「おちょやん」の中で、一平は母と会い、話を聞くことによって意外な事実を知り、二代目天海天海を襲名することを決意するようになるようです!

おちょやん 第62話 視聴率とトピック

おちょやん 第62話 視聴率 18.0%

3月2日(火曜日)放送の『おちょやん』第62話の視聴率は18.0%でした。

懐かしいカフェー・キネマ

京都での日々を過ごした後、久々に千代が道頓堀に戻った時には、懐かしさを感じましたが…

今回は、千代が道頓堀から久々に京都にやって来て「カフェー・キネマ」を訪ねていましたが…

今度は、「カフェー・キネマ」が懐かしく感じてしまいました!

サイトナビ

⇒⇒⇒おちょやん第63話(3月3日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒おちょやん第13週(3月1日~3月5日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒「おちょやん」トップページはこちらから

※「おちょやん」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『おちょやん あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました