朝ドラ・おちょやん第3話あらすじネタバレ

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空おちょやん

おちょやん第3話(12月2日放送)あらすじ(ネタバレ)

朝ドラ おちょやん第3話用フォト おちょやん ドラマガイドpart1

テルヲと千代が鶏の品評会に参加

テルヲ(トータス松本)は、栗子(宮澤エマ)を引き留めるため、一獲千金を狙い、飼っていた鶏・流星丸を売る決断をしました。

そして、千代(毎田暖乃)を連れ、観賞用の鶏の品評会が開かれるガラス工場の社長の屋敷を訪れます。

周りの他の売り手たちが、千代が見たこともない立派な鶏を次々と差し出すものの、鋭い眼光の峰岸社長(佐川満男)は、いっこうに首を縦に振りません。

緊張が張り詰める中、ついに千代たちの流星丸の番が巡ってきます。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-12-02&ch=21&eid=18338&f=6115

朝ドラがいろいろ視聴できます

※「おちょやん」「エール」「あまちゃん」などの朝ドラ作品は、31日間無料トライアルがあるU-NEXTで視聴できます

⇒⇒⇒おちょやん第4話(12月3日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒おちょやん第1週(11月30日~12月4日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒11月30日スタート「おちょやん」あらすじネタバレはこちらから

放送前に

妻に迎えたつもりで家に連れてきた女・栗子が、早速、テルヲを見限って出ていってしまいそうになったため…

なんとか金の力で栗子を引き留めようとしたテルヲは、飼っている鶏を品評会に出し、高値で売って金を作ることを思いついたようです。

そして、千代は、そんなテルヲの思いつきに付き合わされ、鶏の品評会に行くことになります。

品評会では、見た目が立派な鶏たちにガラス工場の社長は全く興味を持たないようですが…

その流れからすると、テルヲと千代が持ち込んだ鶏・流星丸が、なぜか社長のストライクゾーンに決まり…

テルヲは、思惑通りにアブク銭を得ることになるのでしょうかね?

おちょやん 第3話 視聴率とトピック

おちょやん 第3話 視聴率 17.7%

12月2日(水曜日)放送の『おちょやん』第3話の視聴率は17.7%でした。

亡き母のおかげで流星丸が売れましたね!

流星丸は、亡き母のおかげで売れましたね!

流星丸が売れて入ったお金は、亡き母からのプレゼントだったのかもしれませんね!

でも… そのせっかくのお金もテルヲや栗子が、無駄遣いしてしまうのかと思うと…

なんだかなーという感じもしますけれどもね!

サイトナビ

⇒⇒⇒おちょやん第4話(12月3日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒おちょやん第1週(11月30日~12月4日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒11月30日スタート「おちょやん」あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒「おちょやん」トップページはこちらから

※「おちょやん」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『おちょやん あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました