朝ドラ・おちょやん第100話あらすじネタバレ

おちょやん

おちょやん第100話(4月23日放送)あらすじ(ネタバレ)

おちょやんドラマガイド

千代と一平がお互いが決めた道を行くことに

一平が帰らない一平と暮らした匂いが充満する部屋で寛治を前にして千代の感情は爆発します。

そして、千代は、一平が残した何もかもを床に叩きつけ、雑然とした部屋ですがすがしい朝を迎えます。

稽古場で一平と並んだ千代は、「鶴亀新喜劇」の仲間たちに、お互いが決めた道を自ら話すのでした。

そして記念興行の「お家はんと直どん」がついに封切りとなり…

夫婦だった二人が、舞台上で元恋人役を演じることになります。

参照:https://www.nhk.jp/timetable/130/tv/20210423/daily/now/

朝ドラがいろいろ視聴できます

※「おちょやん」「エール」「あまちゃん」などの朝ドラ作品は、31日間無料トライアルがあるU-NEXTで視聴できます

⇒⇒⇒おちょやん第101話(4月26日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒おちょやん第20週(4月19日~4月23日)あらすじネタバレはこちらから

放送前に

千代のモデルとなっている浪花千栄子さんは、夫・渋谷天外さんが若手女優を妊娠させたのを機に離婚し、「松竹新喜劇」を辞めておられます。

ですから、その事実に沿って「おちょやん」の物語が進むのならば、千代は一平と離婚し、「鶴亀新喜劇」も辞めることになるわけですが…

はたして、今回の第100話で千代と一平が選び、進んでいく事にしたお互いの道とは、どのようなものになるのでしょうかね?

千代、一平、そして、灯子も… 皆が納得し、お互いの道を前向きに歩んでいけるようなかたちになってくれたらいいのですが… どうなるでしょうか?

なお、もしも、そのへんのところも浪花千栄子さんの人生に沿って描かれるようになるのだとすれば、千代は「鶴亀新喜劇」を辞めて、しばらくの間は役者であることも辞めた状態となり…

ラジオ番組で漫才師・花車当郎と組んで仕事をするようになるまでは、芸能の世界からは姿を消すことになるはずですが…

「おちょやん」はドキュメンタリーではなく、あくまでドラマですから、はたしてどうなるでしょうか?

おちょやん 第100話 視聴率とトピック

おちょやん 第100話 視聴率 16.7%

4月23日(金曜日)放送の『おちょやん』第100話の視聴率は16.7%でした。

千代、突然、道頓堀から突然消えましたね!

千代は突然、道頓堀から消えたんですね!

千秋楽が終わったところで姿を消すことを以前から決めていたのでしょうか?

それとも、千秋楽でいつもどおりの芝居ができなかったことが引き金になり、突然、姿を消してしまったのでしょうか?

次回は、一年後から物語が始まるはずです!

サイトナビ

⇒⇒⇒おちょやん第101話(4月26日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒おちょやん第20週(4月19日~4月23日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒「おちょやん」トップページはこちらから

※「おちょやん」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『おちょやん あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました