なつぞら 第8週(5月20日~25日)あらすじ(ネタバレ)

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつよ、東京には気をつけろ あらすじ(ネタバレ)

なつぞら ドラマガイド 表紙=広瀬すず

なつと雪次郎の送別会と夕見子の合格祝いを兼ねた会が開かれましたが、牛の世話を理由にしてそこに泰樹はやって来ませんでした

「なっちゃんが好きだ」と天陽がなつへの想いを皆の前で語っていた頃、泰樹は、こみあげてくる寂しさを抑えきれなくなり泣いていました。

雪之助・雪次郎親子とともに東京にやって来たなつは、雪次郎が修行をする川村屋で寮に住まわせてもらい、雑用の仕事をしながら、六月に行われる東洋動画の採用試験に備えることになります。

咲太郎を知る歌手・煙カスミが歌っているクラブ「メランコリー」に 雪之助・雪次郎親子と 一緒に訪れたなつは、カスミにおでん屋「風車」へ連れていかれます。

酔っていた雪之助は、なつが北海道で苦労したという話を大袈裟に(聞きようによっては、なつが虐待されていたようにも聞こえるように)話してしまいましたが…

それを聞いた「風車」の女将で、咲太郎を自分の子供のように可愛がっている亜矢美は、後日、自分のところに来た咲太郎に北海道でひどい目にあっていた妹が、逃げだすようにして東京にやって来て、咲太郎の借金を返すために川村屋で働いていると話します。

その話を信じ込んだ咲太郎は、川村屋に乗り込み、マダムである光子に失礼なことを言った上でなつを連れだしてしまいます。

しかし、なつが漫画映画を作るという夢のために東京に来たことを知ると、咲太郎もその夢を応援すると約束します。

その数日後、なつは、放送記者になったことを報告しにきた信哉とともに「風車」を訪れます。

亜矢美は、二人に咲太郎との出会いやこれまでの経緯について語り、自分が咲太郎を長い間引き止めることになってしまったとなつに詫びます。

なつは、亜矢美が咲太郎を支えてくれたことを否定してしまったら、自分の北海道の家族が自分を支えてくれたことも否定することになってしまうと話し、亜矢美が兄を支えてくれたことに礼を言います。

その頃、咲太郎は、東洋映画の大杉社長に偶然会い、そこで、自分の妹が東洋動画に入りたがっているので名前だけでも覚えてやってほしいと頼んでいました。

参照:NHKドラマガイド 連続テレビ小説 なつぞら Part1

サイトナビ

⇒⇒⇒なつぞら 第9週(5月27日~6月1日)あらすじ(ネタバレ)はこちらから 

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました