朝ドラ なつぞら 第89話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第89話(7月12日放送)あらすじ(ネタバレ)

「朝ドラ なつぞら 第89話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率」用フォト なつぞら ドラマガイド 表紙=広瀬すず

咲太郎の声優プロダクション始動!

東洋動画では、なつ(広瀬すず)のアイデアによって脚本が固まり、ようやく短編映画の制作が動き出しました。

坂場(中川大志)は新人の神地(染谷将太)とともに絵コンテの作業に進もうとしますが、なんでも勝手に決めてしまう坂場のやり方に、麻子(貫地谷しほり)は違和感を覚えます。

その頃、咲太郎(岡田将生)は、蘭子(鈴木杏樹)、雪次郎(山田裕貴)たち所属声優をスタジオに集め、ある海外映画の吹き替えに臨もうとしていました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-07-12&ch=21&eid=09545&f=4681

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第90話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

放送前に

なつ(広瀬すず)が出したアイデアが取り入れられた短編漫画映画の制作がいよいよ開始されるようですが…

変人・坂場 (中川大志) のやり方に対し、 麻子(貫地谷しほり) はついていけないものを感じるようですね!

せっかくなつのアイデアが取り入れられ、進められることになった短編漫画映画の制作が、坂場と麻子の間に不協和音が生じたことによって、うまく進まなくなる……

なんていう方向にいってしまわないといいのですが、ちょっと心配になってきますね。

ただ、坂場も麻子も良い作品を作ろうとして仕事に取り組んでいることは間違いないでしょうから、仮に多少の不協和音が生じたとしても、きっと結果的には、うまくいくだろうとは思いますけれどもね。

なお、なつが夕見子(福地桃子)の言葉から思いついて出したアイデアは、「ヘンゼルとグレーテル」についてのものだったようですね。

そして、咲太郎が立ち上げた声優プロダクションがいよいよ仕事に本格的に取り組み始めるようですね!

なつの夢と咲太郎が見つけた夢が早く交わっていくようになるところが見たいですが…

まずは、その一歩を咲太郎たちが踏み出したようです!

なつぞら 第89話 視聴率とトピック

なつぞら 第89話 視聴率 20.5%

7月12日(金曜日)放送の『なつぞら』第89話の視聴率は20.5%でした。

声優プロダクション、波乱に満ちたスタート

咲太郎の立ち上げた声優プロダクションの初仕事となった現場の様子が、かなり丁寧に描かれていましたね!

昭和三十年代の海外ドラマの吹き替えの現場が、かなり忠実に再現されていたのではないかと思いますが、非常に興味深く見ることができました!

『白蛇姫』の時には、豊富遊声(山寺宏一)と亀山蘭子(鈴木杏樹)の二人が実にスムーズに声をあてていましたが…

今回は、雪次郎(山田裕貴)は訛るし、声優の仕事を理解していないでトンチンカンなことを言いだす者はいるしで、音入れの現場がかなりグダグダになってしまっていましたね!

声優プロダクション、波乱万丈のスタートといったところでしょうか…。

昭和三十年代という時代

昭和三十年代には数多くの海外ドラマが放送され、人気を集めていましたが…

今回、茜(渡辺麻友)が

「私のお婆ちゃんなんて この外人さんは日本語がうまいねーだって」

と言っていましたが、実際に多くの人が吹き替えが行われているなどとは思わずに外国人が日本語を達者に話しているものと思っていたようなんです!

そして、その事を(そんな事があるわけがないのに、そう思い込んでしまう当時の日本人の無教養ぶりを)故・淀川長治氏がたいへん嫌がっておられたと以前に何かで読んだことがあります。

サイトナビ

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第90話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました