朝ドラ なつぞら 第88話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第88話(7月11日放送)あらすじ(ネタバレ)

「朝ドラ なつぞら 第88話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率」用フォト なつぞら ドラマガイド 表紙=広瀬すず

咲太郎、声優プロダクションを立ち上げると宣言する

咲太郎(岡田将生)は、劇団を辞めて声優のプロダクションを立ち上げるとなつ(広瀬すず)に宣言しました。

咲太郎は、所属声優第1号の蘭子(鈴木杏樹)とともに、雪次郎(山田裕貴)やレミ子(藤本沙紀)に声優という仕事の可能性を説明します。

季節が巡り、制作の期限が迫っている初夏になりましたが、東洋動画では、短編映画のストーリーがなかなかまとまりません。

なつは、麻子(貫地谷しほり)や坂場(中川大志)らとともに生みの苦しみを味わっていました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-07-11&ch=21&eid=08817&f=4681

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第89話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

放送前に

咲太郎(岡田将生) が、声優プロダクションを立ち上げることを宣言し、それにむけての行動を開始するようですね!

漫画映画を作る道を歩んでいるなつ(広瀬すず)と兄・咲太郎の歩んでいく道が、これからは接点を持ったり、交わったりすることがきっと増えていくんでしょうね!

蘭子(鈴木杏樹)が所属声優第1号になってくれるのは、咲太郎にとっては非常に心強いことだと思いますが…

蘭子と二人で『白蛇姫』の全ての役を演じた山寺宏一さん演じる豊富遊声、そして、『わんぱく牛若丸』 で主人公・牛若丸の役をやった人(声は『ONE PIECE』のルフィなどで知られる田中真弓さんでした)なども咲太郎が立ち上げるプロダクションに所属してくれたら、さらに心強いですね!

この時代に声優プロダクションを立ち上げれば、需要はドンドン増えていき、仕事は次々にやってくるはずだと思います。

咲太郎は実にいいところに目をつけたものだと思います!

これからは、声優プロダクションを立ち上げた咲太郎の活躍にも注目しなければいけませんね!

なつぞら 第88話 視聴率とトピック

なつぞら 第88話 視聴率 19.9%

7月11日(木曜日)放送の『なつぞら』第88話の視聴率は19.9%で二日続けて20%に届きませんでした。

咲太郎、見事に時代を読んだのかな?

咲太郎(岡田将生)が声優プロダクションを立ち上げる事にしたのは、 彼なりに時代の流れを感じとった結果だったのでしょうが…

実業の世界で成功している茂木社長(リリー・フランキー)のお墨付きも得られていたのは、心強いですね!

ただ、藤正親分(辻萬長)に頼まれ、声優として使い者になるのかどうかわからないような者達まで咲太郎が面倒をみることになったのが、チョッピリ気掛かりではありますが…

案外、咲太郎の足をいかにも足を引っ張りそうな感じの者達が、声優の仕事にピタリはまってしまうなんていう可能性もなきにしもあらずだったりするのかもしれませんね。

なつの見た夢は未来を暗示しているのかな?

なつ(広瀬すず)が夢の中で坂場(中川大志)にお姫様抱っこされていましたね!

あんな夢を見てしまうということは、なつが坂場のことをそれだけ意識し始めているということの証拠なんでしょうね!

そして、もしかしたら、あの夢は、なつと坂場の未来を暗示していたのでしょうか?

サイトナビ

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第89話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました