朝ドラ なつぞら 第87話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第87話(7月10日放送)あらすじ(ネタバレ)

「朝ドラ なつぞら 第87話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率」用フォト なつぞら ドラマガイド 表紙=広瀬すず

なつが原画を描く短編映画の制作が始まる

なつ(広瀬すず)が初めて原画を務める短編映画の制作が、いよいよ始まりました。

脚本家をたてないという坂場(中川大志)のやり方に、麻子(貫地谷しほり)は難色を示しましたが…

下山(川島明)を中心になつや麻子、新人の動画マンが集まってストーリーの検討会が行われます。

互いに意見を言い合いながら物語が少しずつできあがっていく中、今まで口を閉ざしていた新人動画マンの神地(染谷将太)が、突如遠慮なく意見をぶつけてきました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-07-10&ch=21&eid=08016&f=4681

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第88話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

放送前に

なつ(広瀬すず)が、初めて原画を担当することになった短編漫画映画の制作が、いよいよスタートします。

そして、行われたストーリーの検討会で、先輩動画マンたちに遠慮することなく自分の意見を躊躇せずに言う新人動画マン=神地(染谷将太) が、登場しますね!

東洋動画のモデルとなっている東映動画には、この数年後、『白蛇姫』の元となっている『白蛇伝』を観てアニメーションに強く関心を持った宮崎駿さんや高畑勲さんが入社してきて-

1965年には長編漫画映画『太陽の王子ホルスの大冒険』を作り上げ、1971年に東映動画から退社しています。

第87話で物怖じすることなくハッキリと自分の意見を出してくる新人動画マン=神地は、宮崎駿さんや高畑勲さんをモデルにしているキャラクターなのではないかと噂されていますね。

これからは、この神地の活躍、そして、なつと神地がどのように関わっていくようになっていくのかに注目したいですね!

なつぞら 第87話 視聴率とトピック

なつぞら 第87話 視聴率 19.8%

7月10日(水曜日)放送の『なつぞら』第87話の視聴率は19.8%でした。

麻子さんが一番の常識人に見えてきました!

先輩たちに遠慮するということなく、自分が思ったことをハッキリ言う 新人動画マン=神地(染谷将太)が登場し、この神地、そして-

・哲学者的な独特の空気を持つ坂場(中川大志)

・柔軟な思考回路を持ち、面白そうなことはすぐに取り入れられるなつ(広瀬すず)

に囲まれてしまった麻子(貫地谷しほり)が、一人だけ彼らのペースに追いついていけずにいたように感じましたね!

歯に衣着せずハッキリと思ったことを言う、なかなか強烈なキャラクターだった麻子が、なんだか今では一番の常識人に見えてきちゃいました!

周囲を振り回しながらも物事を推し進めていく側の人間なのかと思われた麻子でしたが…

いつの間にか周囲に振り回され、トンデモない方向に何かが進んでしまわないようにブレーキを押す側の人間になっていたのかもしれませんね!

それでも、麻子がいい味を出してくれているのは間違いありませんが…。

サイトナビ

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第88話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました