朝ドラ なつぞら 第84話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第84話(7月6日放送)あらすじ(ネタバレ)

「朝ドラ なつぞら 第84話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率」用フォト なつぞら ドラマガイド 表紙=広瀬すず

なつ、4年ぶりに天陽と再会する

十勝までやって来たのに妹の千遥に会うことが叶わなかったなつ(広瀬すず)は、天陽(吉沢亮)のところを久しぶりに訪ねました。

二人は4年ぶりとなる再会を喜びました。

そして、天陽の隣には、一生懸命に働く天陽の妻・靖枝(大原櫻子)の姿がありました。

天陽の両親・正治(戸次重幸)とタミ(小林綾子)もなつを出迎え、近況報告に花を咲かせました。

その後、アトリエで天陽と二人きりになったなつは、 天陽から靖枝との馴れ初めを聞かされます。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-07-06&ch=21&eid=04979&f=4681

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第85話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

放送前に

天陽(吉沢亮)が結婚していることは第78話で陽平(犬飼貴丈)がなつ(広瀬すず)に話したことによってわかっていましたが…

この第84話でなつは結婚した天陽と再会し、さらに彼の妻 ・靖枝(大原櫻子) と初めて会うことになりますね。

天陽の結婚は、なつにとって複雑な想いにさせられるものだったことは間違いないでしょうが、ある意味、「天陽と結婚しない人生」を選択したのは、なつの方ですからね…。

天陽には是非幸せになってほしいですが…

天陽のモデルとなっている画家・神田日勝さんが若くして亡くなっておられる事が気になりますね。

神田日勝さんは32歳で亡くなっておられます。

なつぞら 第84話 視聴率とトピック

なつぞら 第84話 視聴率 22.8%

7月6日(土曜日)放送の『なつぞら』第84話の視聴率は22.8%でした。

居村良子さんと門倉努が…

天陽(吉沢亮 )が、なつ(広瀬すず)に

「十勝農業高校の演劇部で一緒だった居村良子さんと門倉努がいるべ」

「あの二人が今」

と言った時には、オッチョコイで慌て者の私は、良子(富田望生)と番長・門倉(板橋駿谷)が結婚でもしたのかと一瞬思ってしまいましたよ!

でも、それは、ほんの一瞬で、その直後に天陽が

「あの二人が今、青年団で演劇やってんだわ」

と言っているのを聞いて「な~んだ」と思っていましたけれどもね!

で、良子と番長・門倉がやっている演劇を天陽が美術面で手伝ったことが、 妻 ・靖枝(大原櫻子) と出会うきっかけになったということもわかりましたが…

天陽から、その話を聞かされた後、柴田家に戻り、泰樹(草刈正雄)と話している時のなつが自分の寂しさを隠しきれなくなっていたのが、なんともせつなかったです!

咲太郎、既に声優プロダクション設立に向けて動いていたのかな?

柴田家での夕飯の席で咲太郎が、なつが仕事があるのですぐに東京に帰らなければならないという話をした後で

「じつは私も」

と何か言いかけたところで、その言葉は剛男(藤木直人)の言葉によって遮られてしまいました。

そして、さらに夕見子(福地桃子)が突然の帰宅したことによって、咲太郎は 「じつは私も」 の後に続いていたはずの言葉をついに言えないままとなっていましたが…

次週、咲太郎は、声優プロダクションを立ち上げることになりますので、この時点で既にそれに向けて動いていて、そのことを言おうとしていたのでしょうね。

言いたかったことを言えないままになってしまって、咲太郎がちょっとかわいそうになってしまいました!

サイトナビ

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第85話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました