朝ドラ なつぞら 第73話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第73話(6月24日放送)あらすじ(ネタバレ)

なつぞら ドラマガイド 表紙=広瀬すず

なつが雪次郎を説得しようとするが…

なつ(広瀬すず)は、 光子(比嘉愛未)から川村屋を辞めると聞いた 雪次郎(山田裕貴)をアパートから風車へとつれてきます。

そして、なつは芝居の道に進む決意を固めた雪次郎を必死に説得しようとします。

しかし、本人の意思が固いうえ、咲太郎(岡田将生)も本人の意思を尊重すべきという考えで、説得はうまくいきません。

なつが職場でため息をついていると、茜(渡辺麻友)がやってきて、坂場(中川大志)のことで悩んでいるのかと興味深そうに尋ねてきました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-06-24&ch=21&eid=31005&f=4681

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第74話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

放送前に

雪次郎(山田裕貴)の決意は、なかなか固いみたいですね!

なにしろ、この第73話から第78話までの週間のサブタイトルは『なつよ、”雪月”が大ピンチ』ですからね!

これまでは、あらかじめ敷かれたレールの上をさして疑問を抱くこともなく進んできた雪次郎が「赤い星座」の舞台を観たことによって初めてレールから外れたいと思ったわけでしょうが…

そのことが、「雪月」を大ピンチに追い込むことになるようです!

まあ、雪次郎は、「雪月」の後継者ですから、彼が菓子職人になるのを辞めてしまえば、「雪月」にとっては確かに一大事ですよね!

ただ…柴田牧場の仕事を継がずにアニメーターの道を歩み始めたなつ(広瀬すず)が、「雪月」を継ぐのを辞めないように説得しようとしても、どうしても説得力は欠けるような気がしますけれども…

どうなんでしょうかね?

なつぞら 第73話 視聴率とトピック

なつぞら 第73話 視聴率 21.5%

6月24日(月曜日)放送の『なつぞら』第73話の視聴率は21.5%でした。

雪次郎に対して厳しいなつ!

なつ(広瀬すず)は雪次郎(山田裕貴)に対してメチャクチャ厳しいですね !

「雪月」(小畑家)の人々のことをよく知るなつには、雪次郎が演劇の道を歩み始めた場合、「雪月」の人たちがどれほど困ってしまうかは想像がつきますよね。

ですから、「雪月」のことを心配し、なつが雪次郎に意見をするのはわかります!

でもですね……自分の夢を見つけてしまい、敷かれたレールからはずれようとしている雪次郎の決意を頭ごなしに全否定するような立場にはなつはないと思うんですよね!

今回の第73話では、頭ごなしに雪次郎の決意を全否定するなつよりも 「人の幸せなんて他人に決められるもんか」 と言っていた咲太郎(岡田将生)の方が正論を言っていたような気がします。

あと、「他人がこれ以上余計な事しない方がいいってことかもね」と言っている亜矢美(山口智子)が、さすがに一番大人だとも感じましたね。

サイトナビ

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第74話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました