朝ドラ なつぞら 第71話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第71話(6月21日放送)あらすじ(ネタバレ)

なつぞら ドラマガイド 表紙=広瀬すず

なつ、動画の矛盾を指摘される!

新人の演出助手・坂場(中川大志)が 、なつ(広瀬すず)たちアニメーターのいる作画課に、突然やってきます。

そして、原画担当の下山(川島明)に、動画の動きについて、ずばずばと疑問をぶつけてきました。

坂場が質問をぶつけてきたのは、なつが描いた馬の絵だったため、なつは、必死に意図を説明しますが…

それに対して坂場は、淡々と理詰めで動画の矛盾を指摘してきます。

なつが追い詰められたその時、坂場の言いたいことはわかったと、下山が二人の間に割って入ってきますが…。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-06-21&ch=21&eid=27879&f=4681

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第72話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

放送前に

なつを理詰めで手こずらせる新人演出助手・坂場役で中川大志さんが登場しますが…

実は、この中川さん、富士子役の松嶋菜々子さんと『家政婦のミタ』で共演しているんですよね!

2011年に放送され、大ヒットし、最終回の視聴率が21世紀に放送された日本のドラマで初めて視聴率40%超えとなった『家政婦のミタ』では中学生役だった中川さん…

今回の『なつぞら』では、演出助手役での登場です!

なお、中川さんの「大志」という名前は、「少年よ大志を抱け」という言葉からつけられたそうですが…

有名なこの言葉は、『なつぞら』で夕見子(福地桃子)が進学した北海道大学の初代教頭クラーク博士の言葉で、 『なつぞら』 作品中でも登場していましたね!

なつぞら 第71話 視聴率とトピック

なつぞら 第71話 視聴率 20.8%

6月21日(金曜日)放送の『なつぞら』第71話の視聴率は20.8%でした。

なつが「鵯越の逆落とし」を知っていると言っていたが… 

「あなた まさか「鵯越 (ひよどりごえ) の逆落とし」が何なのか そんなことも知らないわけじゃないわよね?」

と麻子(貫地谷しほり)に(ちょっと意地悪く)訊かれて、なつ(広瀬すず)は一瞬ツマった後で

「知ってますよ そのくらい」

と言っていましたが…

本当は知らないって、あの場にいた全ての人にバレバレになってましたね!

なつが「鵯越の逆落とし」を知らない事に坂場(中川大志)となつのやりとりで気づいていたくせにあんな訊き方をする麻子もさすがですが(キャラが立っていていいいです!)…

知らないと素直に認めずに意地をはってしまうなつも、それはそれで可愛くてよかったですね!

ちなみに「鵯越の逆落とし」とは、源平の戦いで源義経が平家が「こんな場所から攻めてくるはずがない」と思い込んでいた崖を通って奇襲をかけたことです。

サイトナビ

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第72話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました