朝ドラ なつぞら 第69話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第69話(6月19日放送)あらすじ(ネタバレ)

なつぞら ドラマガイド 表紙=広瀬すず

なつと麻子が激しく対立!

アニメーション映画『わんぱく牛若丸』のキャラクター検討会が行われ、常盤御前のキャラクターを巡ってなつ(広瀬すず)と麻子(貫地谷しほり)の意見がぶつかります。

そこで仲(井浦新)と井戸原(小手伸也)は、ある提案を行い、午後になり、仲から呼び出されたなつと麻子は、1枚のキャラクターの絵を見せられした。

その絵を見たなつは、自らの足りない部分を感じ、麻子に謝ります。

ですが、麻子は、謝るよりも仕事で責任を取るしかないとなつに言いました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-06-19&ch=21&eid=26424&f=4681

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第70話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

放送前に

なつ(広瀬すず)と麻子(貫地谷しほり)では、常盤御前という人物への解釈が全く違っていて、その結果、描いてきたキャラクターの姿も全く異なるものになっているようですね!

『なつぞら』の物語が始まったばかりの頃は、泰樹(草刈正雄)がなつの前に立ちはだかる大きな壁的な役割をはたしていたのではないかと思いますが…

基本的になつに味方してくれる人達、なつを応援し、支えてくれる人達ばかりで、なつと対立する人物はほとんどいませんでしたよね!

で、麻子は、なつの「対立者」「立ちはだかる壁」の役割を果たしてくれる貴重なキャラになってくれ、物語に立体感を出すのに貢献してくれていますよね!

なつにはもちろん頑張ってほしいですが…

なつの「対立者」「立ちはだかる壁」として麻子にも頑張ってほしいですね!

なつぞら 第69話 視聴率とトピック

なつぞら 第69話 視聴率 21.4%

6月19日(水曜日)放送の『なつぞら』第69話の視聴率は21.4%でした。

仲さん さすが!

なつ(広瀬すず) の常盤御前ついての解釈も間違っていない。

麻子(貫地谷しほり)の常盤御前についての解釈も間違っていない。

でも、どちらの解釈も常盤御前の異なる一面を捉えているだけで…

そこで仲(井浦新)が、なつの解釈も麻子の解釈も取り入れた常盤御前を仕上げていましたが…

それを見せられ、なつも麻子も納得していましたね!

もしも、なつの描いてきた常盤御前がそのまま採用されていたら、麻子は納得することができなかったでしょうし…

逆に麻子の描いてきた常盤御前がそのまま採用されていたら、その場合はなつが納得することができなかったでしょうね!

仲さん、アニメーターとしても、人間としても、さすがです!

こういう人がいる職場って、各自が最大限に能力を発揮できるようになりますよね!

下山さんもさすが!

下山(川島明)が先輩警察官のこととして話していたのは…

あれは絶対に下山さん自身のことですよね!

妹・千遥のことで悩むなつとのやりとりの中に下山の過去をさりげなく絡めていく……実に巧みな構成でしたね!

で、自慢げに語ってもよさそうな自分の過去を「先輩の話」として話す下山の奥ゆかしさが素敵でしたね!

そして、麻子もさすが!

実際の放送を観る前に書いた「放送前に」には麻子について「 なつの「対立者」「立ちはだかる壁」として麻子にも頑張ってほしいですね! 」などと書いてしまいましたが…

麻子は、なつにとって「対立者」とか「立ちはだかる壁」という存在ではないのかもしれませんね!

うまく表現できませんが、時に対立したり、前に立ちはだかったりすることもあるトンガった先輩だけれど、けっして「対立者」ではないというか…

麻子のことを単純に「対立者」と捉えてしまっていては、今回のなつや麻子が常盤御前のある一面しか捉えていなかったのと同じことになってしまいますね!

サイトナビ

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第70話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました