朝ドラ なつぞら 第64話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第64話(6月13日放送)あらすじ(ネタバレ)

なつぞら ドラマガイド 表紙=広瀬すず

アフレコを見学したなつに仲が…

なつ(広瀬すず)たちが制作した「白蛇姫」のアフレコを咲太郎(岡田将生)の劇団の女優、亀山蘭子(鈴木杏樹)が担当することになりました。

アフレコの現場を見たなつは、自分が関わったアニメーションの世界に引き込まれていき、アフレコ見学のあと仲(井浦新)に感想とお礼を言います。

すると、なつは仲からある言葉をかけられる、それを聞いて驚いてしまい…。

参照: https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-06-13&ch=21&eid=21595&f=4681

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第65話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

放送前に

なつ(広瀬すず)は高校時代に『白蛇伝説』で主役を演じたわけですが…

第64話では蘭子(鈴木杏樹)の声が加わった、自分たちが制作してきた『白蛇姫』の世界に引き込まれていくわけですね!

で、『白蛇姫』のアフレコ現場を見学し、その世界に引き込まれた後、なつは仲から何かを言われるわけですが…

ネタバレしますと、仲は、この時、なつに動画のテストをまた受けないかと言ってくれるんです!

一度は、まだ技術的に稚拙だったために動画のテストに落ちてしまったなつですが、もちろん再チャレンジをすることになります。

なつぞら 第64話 視聴率とトピック

なつぞら 第64話 視聴率 21.0%

6月13日(木曜日)放送の『なつぞら』第64話の視聴率は21.0%でした。

七色の声を持つ男=山寺宏一さん登場!

蘭子(鈴木杏樹)と二人だけで『白蛇姫』の全ての声を担当する元活動弁士・豊富遊声の役で山寺宏一さんが登場しましたね!

声優であり、俳優であり、ものまねタレントであり、ナレーターや司会などの仕事もしておられる山寺宏一さんは、「七色の声を持つ男」と呼ばれていますので、まさに今回の役にはピッタリですね!

で、そんな山寺さんの芸達者ぶり、七色の声を持つ男ぶりを垣間見ることが今回の第64話ではできましたが…

蘭子役の鈴木杏樹さんもなかなか見事な声優ぶりを見せてくれていましたね!

蘭子と遊声が二人で全ての声を演じた『白蛇姫』をできることなら実際に観てみたくなっちゃいました!

森繁久彌ならもっと上手い気がします!

蘭子が

「 豊富 先生はさすがにお上手ねー 元弁士だけあって」

と言うのを聞いて、咲太郎(岡田将生)が

「上手ですが森繁久彌ならもっと上手い気がします!」

と言っていましたが…

『白蛇姫』のモデルとなっている実在作品『白蛇伝』では森繁久彌さんと宮城まり子さんが全ての声を担当しておられるんです!

今回の咲太郎の台詞は、そのへんのところをネタ化したものだったというわけです!

サイトナビ

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第65話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました