朝ドラ なつぞら 第62話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第62話(6月11日放送)あらすじ(ネタバレ)

なつぞら ドラマガイド 表紙=広瀬すず

なつと雪次郎が蘭子に会う

なつ(広瀬すず)と雪次郎(山田裕貴)は 咲太郎(岡田将生)に誘われ、劇団「赤い星座」の舞台を見に行きました。

そして、終演後に二人は咲太郎の案内で主演女優の亀山蘭子(鈴木杏樹)と会わせてもらいます。

風車に帰っても、なつの熱は覚めやらず興奮気味に亜矢美(山口智子)に報告し…

雪次郎は、周囲が驚くほどに冷静な視点で、物語について語り始めます。

そしてなつは、アニメーションの仕上げの新しい仕事であるトレースに挑戦します。

参照: https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-06-11&ch=21&eid=20318&f=4681

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第63話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

放送前に

なつ(広瀬すず)も『赤い星座』の舞台や蘭子(山口智子)との出会いに感激し、かなり興奮していたみたいですが…

実は、それ以上に雪次郎(山田裕貴)にとって 『赤い星座』の舞台や蘭子 との出会いは大きな意味を持つものになっていくようですね!

それこそ人生を大きく変えてしまうくらいに…!

これまで北海道しか知らなかった十代の男が、新宿にやって来て一年少し経ったところで最先端のカルチャーに接したわけですから…

感受性が豊かであればあるほど大きな衝撃を受けますよね!

で、この第62話での『赤い星座』や蘭子との出会いが雪次郎にどのような変化を起こしていくようになるのか!?

見守っていくことにしましょう!

なつぞら 第62話 視聴率とトピック

なつぞら 第62話 視聴率 21.7%

6月11日(火曜日)放送の『なつぞら』第62話の視聴率は21.7%でした。

蘭子の一言が大きかったのかな!?

『赤い星座』の舞台『人形の家』を観て衝撃を受けていた雪次郎(山田裕貴)は、彼が本当に芝居が好きだと知った亀山蘭子(鈴木杏樹)から

「それでよく芝居をやめられたわね」

と言われていましたが…

この一言が、雪次郎を目覚めさせるトリガー(引き金)にどうやらなったみたいですね!

単に部活で演劇をやっていたというのではなく、雪次郎、本当に芝居・演劇が好きだったんですね!

『人形の家』は女性が一人の人間として生きるてめに家を出る物語ですが…

『人形の家』は、夫や家の従属物のように生きることに疑問を抱いていなかった女性が、一個の人間として生きることに目覚め、夫や子のいる家を出る物語ですが…

雪次郎は、この『人形の家』を観たことによって、自分が家族や「雪月」の従属物ではないということに目覚めて(気づいて)しまったようですね!

それが、雪次郎にとって幸福なことだったのか、不幸なことだったのかは何とも言えませんが…

雪次郎のこの目覚めが、「雪月」(小畑家)の人々を大きく揺るがすことになるのは間違いなさそうです。

サイトナビ

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第63話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました