朝ドラ なつぞら 第58話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第58話(6月6日放送)あらすじ(ネタバレ)

なつぞら ドラマガイド 表紙=広瀬すず

なつが描いた動画用紙を麻子が持っていき…

なつ(広瀬すず)が仕上課に戻ってくると、机に置いていた動画用紙がなくなっていました。

麻子(貫地谷しほり)が作画課に持っていってしまったようです。

慌ててなつが麻子のいる作画課に向かうと仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)たちが動画用紙を取り囲んでいました。

そして、麻子が興奮気味に堀内(田村健太郎)に何かを話していました。

参照: https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-06-06&ch=21&eid=15716&f=4681

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第59話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

放送前に

なつ(広瀬すず)が描いた動画用紙を見て麻子(貫地谷しほり)が、それを堀内(田村健太郎)が描いたものと勘違いしたわけですが…

ネタバレ情報によれば、ヒロインの気持ちがよく伝わるようになっていると評価した、その動画が、なつが描いたものであったと知り、麻子はなつのことを認め、一目置くようになるようですね!

突然言いがかりをつけるようなことを言い、なつを憤慨させた麻子ですが…

この第58話以降は、なつに対する態度がどんなふうに変わっていくのか…

それを貫地谷さんがどう演じていかれるのか…

注目していきたいと思います

なつぞら 第58話 視聴率とトピック

なつぞら 第58話 視聴率 20.0%

6月6日(木曜日)放送の『なつぞら』第58話の視聴率は20.0%でした。

大杉社長 なつのこと忘れてたんだ!

アニメーターの試験に兄・咲太郎(岡田将生)のことを大杉社長(角野卓造)に誤解(?)され落ちたなつ(広瀬すず)でしたが …

「仕上」の試験はクリアし、東洋動画で働けるようになったのは、大杉社長が、誤解が解けたからではなく、なつと咲太郎のことを大杉社長が忘れてしまっていたからだという事が、今回の第58話で明らかになりましたね!

「仕上」の面接までは大杉社長が来なかったから入れたという事なのかなと思っていましたが、どうやらそうではなくて…

面接には来なくても、「仕上」になつを入れる際にも大杉社長にお伺いは立てられていて、その時、大杉社長が、なつのことをスッカリ忘れていた……そういうことだったようですね!

今後、また大杉社長となつが会うこともあるはずですが…

大杉社長は、「あんな不良の兄がいるようでは採用できない」という理由でなつのことを不採用にしたという事を、このままもう思い出すことがないのでしょうかね?

木下ほうかさん演じる露木登場!

木下ほうかさんが演じる演出家の露木重彦が登場しましたが…

なつのことを仲(井浦新)が高く買っていて、彼女をアニメーターに抜擢し、その才能を育てていきたいとしているところを見て-

もしも、重田が木下さんがバラエティ番組『痛快TVスカッとジャパン』でよく演じているようなイヤなヤツだったら、絶対、仲となつの関係を疑って(というか勝手に男女の関係ができていると決めつけて)くるところだよな……などとくだらない想像をついついしてしまいました!

もちろん重田は、そんなキャラではなく、そんなバカなことを言ったりしませんでしたけれどもね!

サイトナビ

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第59話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました