朝ドラ なつぞら 第43話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第43話(5月20日放送)あらすじ(ネタバレ)

なつぞら ドラマガイド 表紙=広瀬すず

あらすじ 夕見子が北海道大学に合格

高校卒業後、東京行きが決まったなつ(広瀬すず)。
 
卒業式を終えた日、夕見子(福地桃子)のもとに、北海道大学から封書が届く。
 
緊張する柴田家の家族をよそに、さっと受け取る夕見子だったが、封書を持って二階に上がったきり戻ってこない。
 
心配する泰樹(草刈正雄)や富士子(松嶋菜々子)たち。
 
部屋を覗くと、合格通知書を握り締めて眠りこける夕見子の姿があった。
 
数日後、いよいよなつが東京へ旅立つ日がやってきた…。

参照: https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-05-18&ch=21&eid=02104&f=4681

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第44話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

放送前に

なつ(広瀬すず)がアニメーターになりたいという夢をちゃんと話し、柴田家の人たちがその夢を認め応援してくれるようになるまでは緊張感のある展開が続きましたが…

前回の第42話で、その件には決着がつき、この第43話は、ちょっと一息つける回になるのではないでしょうか。

もっとも、夕見子( 福地桃子 )が無事合格していることがわかるまでは、ドラマの中の柴田家の人たちは気が気でなかったでしょうけれどもね!

なつぞら 第43話 視聴率とトピック

なつぞら 第43話 視聴率  22.3%

5月20日(月曜日)放送の『なつぞら』第43話の視聴率は22.3%でした。

夕見子の様子を一人では見に行けなかった(?)泰樹じいちゃん

北海道大学から送られてきた封書を部屋に持っていたまま、夕見子 (福地桃子) がいつまでも部屋から出てこなかった時…

誰が様子を見に行くかという話になった時、泰樹(草刈正雄)は自分一人だけで行くことは躊躇していましたよね!

あれって一人で見に行くのが恐かったっていうことなんでしょうか?

そうでなければ、みんなで一緒に行こうなどと言わずに一人で行っていたでしょうから、やっぱり恐かったのではないかと思います!

一人で北海道にやって来て、様々な困難にであっても自分の力で立ち向かい、運命を自分の力で切り開いてきた男・泰樹でも自分の力で結果を変えることはできない孫娘の受験結果を知るのは恐かったということなのでしょうね!

まあ、それだけ夕見子のことを泰樹が大事に思っているということなのでしょう!

で、その泰樹じいちゃん、なつの送別会に行かずに牛の世話しながら一人で泣いていましたね!

天陽、ハッキリ言っちゃった!

第43話で一番驚かされたのは、ここにきて天陽(吉沢亮)が

「おれは なっちゃんが好きだ」

とハッキリ(しかも、みんなの前で)言っちゃったことですね!

なつが旅立つ前にこう言った天陽の気持ちはよーくわかります!

きっとなつが自らの道を選ぶ際に足かせになってはいけないと思い、天陽は自分の気持ちを言うのをこの時まで待ったのでしょう。

でも、この土壇場にきて、いきなり……やっぱりビックリはさせられましたよね!

サイトナビ

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第44話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました