朝ドラ なつぞら 第37話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第37話(5月13日放送)あらすじ(ネタバレ)

なつぞら ドラマガイド 表紙=広瀬すず

あらすじ  阿川親子に助けられたなつ

天陽(吉沢亮)に会いに行く途中、吹雪で立ち往生し、倒れてしまったなつ(広瀬すず)が目を覚ますと、その目に飛び込んできたのは、狩猟生活を思わせる動物の毛皮や猟銃、木彫りの熊や彫刻でした。
 
人里離れた森の奥で暮らす、阿川弥市郎(中原丈雄)と砂良(北乃きい)親子が、なつを助けてくれたのでした。
 
見知らぬ人に助けられたと思ったなつでしたが、弥市郎と砂良のところには倉田(柄本佑)が話を聞きにきていて、二人はなつが主役を務めた『白蛇伝説』も観ていました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-05-13&ch=21&eid=34443&f=4681

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第38話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

なつぞら 第37話 視聴率とトピック

なつぞら 第37話 視聴率 21.2%

5月13日(月曜日)放送の『なつぞら』第37話の視聴率は21.2%でした。

「魂を込める」というキーワード

弥市郎(中原丈雄)の話の中で「魂を込める」という言葉が何度か出てきていましたね。

そして、朝日を見て感動したなつ(広瀬すず)が涙を流していた時には

「なつよ その目に映るもの全てに魂を込めよ」

というナレーションが入りました!

なつは、これからアニメーターとして働き始め、描くことになる絵に、作り上げていく作品に魂を込めていくことになるのでしょうが…

今回の第37話で「魂を込める」という言葉が繰り返し出てきたことは、おそらくそこに繋がっていくのでしょうね!

また、その前の段階でなつが自らの進む道を決める段階において

「本当に自分が魂を込めてできることは何か?」

を考え、アニメーターの道を選ぶということにもつながっているのでしょう。

なつにとって今回の阿川親子との出会いは非常に大きな意味を持つものだったに違いないと思います。

サイトナビ

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第38話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました