朝ドラ なつぞら 第3話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第3話(4月3日放送)あらすじ(ネタバレ)

なつぞら ドラマガイド 表紙=広瀬すず

あらすじ 学校に行かず早朝から働くなつ

北海道・十勝の柴田家に来て以来、なつ(粟野咲莉)は泰樹(草刈正雄)の指導のもと、酪農の仕事を覚えようと早朝から働いていました。
 
柴田牧場で働く菊介(小林隆)と悠吉(音尾琢真)親子は、重労働にも取り組むなつの姿に感心しますが、富士子(松嶋菜々子)は、学校にもいかずに働くなつを心配します。
 
そんなある日の夕食で、なつは食事をしながら居眠りをしてしまいます。
 
その姿を見た富士子は、たまらず泰樹に向かって思いをぶつけます。

参照: https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-04-03&ch=21&eid=34971&f=4681

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第4話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

なつぞら 第3話 視聴率とトピック

なつぞら 第3話 視聴率 23.0%

4月3日(水曜日)放送の『なつぞら』第3話の視聴率は23.0%でした。

イビキと疲れ

なつ(粟野咲莉)の大きなイビキのために一緒の部屋では寝ていられないと嘆き、祖父・泰樹(草刈正雄)の部屋で寝ようとした夕見子(荒川梨杏)でしたが…

泰樹のイビキもまたなつに負けない凄いものでした!

疲れているとイビキが大きくなるのは、疲労時には全身の筋肉とともに喉や舌の筋肉も緩み、空気の通り道が狭められ、振動音が大きくなるためなんです!

ですから、よく働く人が疲れのために大きなイビキをかくのは当たり前のことであり…

よく働いている泰樹、なつのイビキが大きくなるのは致し方のないことなんですね!

夕見子だってなつと同じくらいにもしも働けば、なつと同じように大きなイビキをかくことになるでしょう!

サイトナビ

⇒⇒⇒朝ドラ なつぞら 第4話 あらすじ(ネタバレ)・視聴率はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました