朝ドラ なつぞら 第155話 柴田牧場のピンチに泰樹が…

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第155話(9月27日放送)あらすじ(ネタバレ)

「朝ドラ なつぞら 第155話用フォト なつぞら ドラマガイドPart2 表紙=広瀬すず

柴田牧場のピンチに泰樹が…

柴田家の居間では剛男(藤木直人)と照男(清原翔)が古い牛舎を建て替え、新しい設備を導入しようと話していました。

多額の借金をして設備投資しようとする照男に対し、泰樹(草刈正雄)はやりたいようにすればいいと言います。

その晩、十勝には激しい落雷の音が響き渡り…

翌朝なつ(広瀬すず)が起きると停電になっていました。

牛の心配する泰樹は若返ったように声を張り、指示をしていきました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-09-27&ch=21&eid=34370&f=4681

⇒⇒⇒なつぞら第156話・最終回 なつの開拓は続くはこちらから

⇒⇒⇒なつぞら第26週 なつよ、あっぱれ十勝晴れ あらすじ(ネタバレ)はこちらから

放送前に

『なつぞら』いよいよ、この第155話と第156話(最終回)のあと2回です!

照夫(清原翔)主導で柴田牧場では牛舎を建て替えて電動のバケットミルカーを大量に導入し、経営を大型化しようという計画を進めようとしていましたが…

その矢先に落雷による停電が柴田牧場を襲います!

停電になったことにより、電動のバケットミルカーは当然動きませんし、搾乳した牛乳を冷蔵庫で冷やしておくこともできなくなってしまいましたが…

搾乳をしてあげなければ牛たちは乳房炎になってしまいます!

たとえバケットミルカーは動かなくても、搾乳した牛乳を冷やしておくこともできなくても、牛たちを救うためには、とにかく搾乳だけはしなければなりません!

このピンチに照夫は、すっかり動揺してしまいますが…

開拓者としての人生を歩み、何度も修羅場をくぐり抜けてきたであろう泰樹(草刈正雄)は、皆に指示を出し、このピンチを切り抜けようとします!

『なつぞら』最後の泰樹の活躍に注目しましょう!

なつぞら 第155話 視聴率とトピック

なつぞら 第155話 視聴率 22.5%

9月27日(金曜日)放送の『なつぞら』第155話の視聴率は22.5%でした 。

牛と生きてきた泰樹じいちゃん!

泰樹じいちゃん(草刈正雄)スッカリ覇気・生気を失っているように見えていましたが…

いざという時には、覇気・生気が涸れてしまったわけではなかったことを見せつけてくれましたね!

泰樹じいちゃんにとっての「いざという時」は柴田牧場のピンチ!

それも、生活の糧を得るためのピンチではなく…

自分がともに生きてきた牛たちのピンチ!

泰樹じいちゃんは、牛で稼いできたのではなくて牛と一緒に生きてきたんですね!

サイトナビ

⇒⇒⇒なつぞら第156話・最終回 なつの開拓は続くはこちらから

⇒⇒⇒なつぞら第26週 なつよ、あっぱれ十勝晴れ あらすじ(ネタバレ)はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました