朝ドラ なつぞら 第145話 なつ、妹・千遥と再会する

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第145話(9月16日放送)あらすじ(ネタバレ)

「朝ドラ なつぞら 第145話用フォト なつぞら ドラマガイドPart2 表紙=広瀬すず

なつ、妹・千遥と再会する

マコプロダクションで日曜日も忙しく働くなつ(広瀬すず)たちのところにやって来た女の子・ 千夏(粟野咲莉) は、なつと咲太郎(岡田将生)の妹・ 千遥(清原果耶) の娘でした。

「大草原の少女ソラ」のファンだという千夏に、麻子(貫地谷しほり)がソラのセル画をあげますが、 千遥は足早に去ろうとします。

千遥は、なつのことは千夏には何も話していないのだと言います。

今どうしてるのかと聞くなつに、千遥は神楽坂の料理屋で働いているので、お客として一度来てほしいと言い残して去っていきました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-09-16&ch=21&eid=27048&f=4681

⇒⇒⇒なつぞら第146話 なつと咲太郎、千遥の店に行くはこちらから

⇒⇒⇒なつぞら第24週なつよ、この十勝をアニメに あらすじ(ネタバレ)はこちらから

放送前に

なつ(広瀬すず)が、妹・千遥(清原果耶)とついに再会をはたしますが…

千遥にはなつとの再会を純粋に喜んではいられない状況にあるようですね。

ネタバレしてしまいますと、千遥は夫と別れようとしているのですが…

夫と別れると千遥は料理屋を続けられなくなりますし、さらに姑が、 千夏(粟野咲莉)のことを引き取りたがっているというのです。

第25週の週間のタイトルは「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」です!

人生の大きな分岐点に来ている千遥の力になつと咲太郎がなります!

なつ、千遥、そして咲太郎の「きょうだい」達の物語に注目したいですね!

なつぞら 第145話 視聴率とトピック

なつぞら 第145話 視聴率 21.6%

9月16日(月曜日)放送の『なつぞら』第145話の視聴率は21.6%でした 。

トピック

千遥(清原果耶)は戦災孤児であったことを隠しながら生きることを強いられ、そのために娘・千夏にもなつ(広瀬すず)や咲太郎(岡田将生)のことを話すことができずにきたわけですが…

戦災孤児になりたくてなったわけではないのに…

戦災孤児は国が始めた戦争の被害者だったのに…

それを恥ずべきこと、人に知られてはならぬこととして戦災孤児たちが生きなければならなかったことには絶対に納得することができません!

もしも、戦災孤児であったことを隠して生きることを強いられていなければ、千遥の人生もまた違ったものになっていたはずですよね……。

サイトナビ

⇒⇒⇒なつぞら第146話 なつと咲太郎、千遥の店に行くはこちらから

⇒⇒⇒なつぞら第25週なつよ、千遥よ、咲太郎よ あらすじ(ネタバレ)はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました