朝ドラ なつぞら 第135話 なつ、天陽の声を聞く

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第135話(9月4日放送)あらすじ(ネタバレ)

「朝ドラ なつぞら 第135話用フォト なつぞら ドラマガイドPart2 表紙=広瀬すず

なつ、天陽の声を聞く

娘の優を連れて天陽(吉沢亮)の家を訪ねたなつ(広瀬すず)に山田(戸次重幸)とタミ(小林綾子)は、あの日の夜のこと語り出します。

これからの生活のために、離農を考えているという山田に、陽平(犬飼貴丈)も同意しましたが、靖枝(大原櫻子)はこの土地から動きたくないと訴えかけ、あの晩帰ってきた天陽の想いを語り始めました。

やがて、天陽のアトリエで一人になったなつは、天陽の描いた自画像と向き合っていましたが…

なつには天陽の声が聞こえてきました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-09-04&ch=21&eid=17336&f=4681

⇒⇒⇒なつぞら第136話 天陽が描いた雪月の包装紙はこちらから

⇒⇒⇒なつぞら第23週なつよ、天陽君にさよならを あらすじ(ネタバレ)はこちらから

放送前に

残念ながら天陽は既に亡くなっています。

なつ(広瀬すず)は天陽が亡くなった山田家を訪れたのです。

そして、山田家の現状、天陽が亡くなるまでの経緯を聞いた後、なつは天陽のアトリエを訪れ、天陽の自画像と向き合っていましたが…

そうしているうちになつには亡くなったはずの天陽の声が聞こえてくるのです。

そして、天陽と話ができたことによって…

アニメーションの仕事を続けるべきかどうか悩んでいたなつは、自分の進むべき道を見つけ出せます。

なつぞら 第135話 視聴率とトピック

なつぞら 第135話 視聴率 20.6%

9月4日(水曜日)放送の『なつぞら』第135話の視聴率は20.6%でした。

なつは天陽と話したことによって…

アニメーションの仕事を続けるべきか辞めるべきか心に迷いを抱いていたなつ(広瀬すず)は、亡き天陽(吉沢亮)の声を聞き、彼と話したことによって心から迷いが消えかかっていきましたね!

『わろてんか』『まんぷく』など近年の朝ドラでは主人公が亡き近しい人(幽霊?)と話をする描写が多かったですが…

『なつぞら』ではここまでそのような描写は確かありませんでしたよね。

それだけに今回の第135話でのなつと天陽の会話には重みがあるものになっていたと思います。

サイトナビ

⇒⇒⇒なつぞら第136話 天陽が描いた雪月の包装紙はこちらから

⇒⇒⇒なつぞら第23週なつよ、天陽君にさよならを あらすじ(ネタバレ)はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました