朝ドラ なつぞら 第134話 天陽が徹夜で絵を完成させた後…

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第134話(9月3日放送)あらすじ(ネタバレ)

「朝ドラ なつぞら 第134話用フォト なつぞら ドラマガイドPart2 表紙=広瀬すず

天陽が徹夜で絵を完成させた後…

病院を抜け出してきた天陽(吉沢亮)は、アトリエに籠もり、徹夜で描き続けて一枚の絵を完成させました。

天陽は、一晩中寄り添っていた靖枝(大原櫻子)を起こし、絵が出来たことを伝えると、病院に戻る前に畑を見てくると言い残して、アトリエを後にします。

夏が終わる頃、遅めの夏休みをとったなつ(広瀬すず)は娘の優を連れて十勝にやってきました。

久しぶりの里帰りに富士子(松嶋菜々子)は、なつたちを温かく迎えてくれますが…。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-09-03&ch=21&eid=16833&f=4681

⇒⇒⇒なつぞら第135話 なつ、天陽の声を聞くはこちらから

⇒⇒⇒なつぞら第23週なつよ、天陽君にさよならを あらすじ(ネタバレ)はこちらから

放送前に

なつ(広瀬すず)がようやく夏休みがとれ、十勝を訪れた時、どうやら既に天陽(吉沢亮)は亡くなっているようで…

ネタバレしてしまいますと、天陽のアトリエを訪れたなつは、天陽が遺した彼の自画像を見つめている時に天陽の声を聞くようになるようです。

したがって、この第134話でハッキリ描かれるかどうかはわかりませんが… 病院を抜けだし、徹夜で絵を完成させた後、天陽は残念ながら亡くなってしまうのだと思います。

天陽との出会いがなかったら、なつがアニメーションの世界に進むことは絶対になかったでしょうから…

天陽は、なつにとって初恋の人であるだけではなく、人生に大きな影響を与えた人物でもありましたよね。

そんな大切な存在と三十代で「さよなら」しなくてはいけないというのは… 辛いですよね…。

なつぞら 第134話 視聴率とトピック

なつぞら 第134話 視聴率 20.9%

9月3日(火曜日)放送の『なつぞら』第134話の視聴率は20.9%でした。

天陽君にさよなら

天陽君(吉沢亮)が旅立ってしまいましたね…。

畑で倒れてしまった天陽はそのまま逝ってしまったのでしょうか?

どうやら天陽君は自分に死期が迫っていることを理解していて…

最後の作品を仕上げ、妻・靖枝(大原櫻子)に伝えたかったことを伝え、畑を見て…

思い残すところをなくして旅立っていったのでしょうね…。

サイトナビ

⇒⇒⇒なつぞら第135話 なつ、天陽の声を聞くはこちらから

⇒⇒⇒なつぞら第23週なつよ、天陽君にさよならを あらすじ(ネタバレ)はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました