朝ドラ なつぞら 第126話 なつ、仕事中も子供が気になる 

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第126話(8月24日放送)あらすじ(ネタバレ)

「朝ドラ なつぞら 第126話用フォト なつぞら ドラマガイドPart2 表紙=広瀬すず

なつ、仕事中も子供が気になる

産休が明け、 なつ(広瀬すず) は再びアニメーションの仕事に戻ってきました。

しかし、仲(井浦新)から新しい作品の作画監督ではなく「魔法少女アニー」の原画として復帰するよう言われます。

そんな中、なつは仕事に集中しようとしても優のことが気になってしまうのでした。

一方、自宅では坂場(中川大志)が翻訳の仕事をしながら優の面倒を見ていますが、坂場もまたアニメーションのことが気になっています。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-08-24&ch=21&eid=09163&f=4681

⇒⇒⇒なつぞら第127話 なつ、保育園見つからぬまま作画監督にはこちらから

⇒⇒⇒なつぞら第21週なつよ、新しい命を迎えよ あらすじ(ネタバレ)はこちらから

放送前に

なつ(広瀬すず)は、作画監督を任されるはずだったのに産休後、すぐにそうならなかったことをネガティブに捉えますが、そこは純粋に会社側で、なつが子育てしながら無理なく働けるように配慮してくれたものとポジティブに受け止めるべきところだったようです。

この第126話の中であっと言う間に時間は流れてしまい…

なつは、子供を預けるために申し込んでいた保育園に全て落ちてしまい、途方に暮れるようになります。

「一億総活躍」とか何とか言いながら、子供を育てながら働く女性を支援できる体制は、現在でも全然整っていないわけで…

『なつぞら』の舞台となっているのは何十年か前の日本ですが、実は描いているのは、非常に今日的な問題となっているわけですね。

そして、次週=第22週では、なつが子育てをしながら作画監督の仕事をしていくようになるわけですが…

なつが責任ある仕事を任されることを私達視聴者も手放しで喜んではいられないですよね…。

なつぞら 第126話 視聴率とトピック

なつぞら 第126話 視聴率 21.0%

8月24日(土曜日)放送の『なつぞら』第126話の視聴率は21.0%でした。

保育園全部落ちたって、なんか今日的ですね

保育園全部落ちてしまうという展開は、なんとも今日的なものに感じましたが…

約半世紀前の 昭和四十年代の令和となった現在もそのへんの社会的な状況はたいして変わっていないということなんでしょうかね?

ネタバレしていまいますと、保育園に預けることができなかった優は次週、茜(渡辺麻友)に預かってもらえるようになります!

サイトナビ

⇒⇒⇒なつぞら第127話 なつ、保育園見つからぬまま作画監督にはこちらから

⇒⇒⇒なつぞら第21週なつよ、新しい命を迎えよ あらすじ(ネタバレ)はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました