朝ドラ なつぞら 第123話 なつ、坂場の決断に感謝する

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第123話(8月21日放送)あらすじ(ネタバレ)

「朝ドラ なつぞら 第123話用フォト なつぞら ドラマガイドPart2 表紙=広瀬すず

なつ、坂場の決断に感謝する

帰宅したなつ(広瀬すず)に坂場(中川大志)は、なつの仕事中、麻子(貫地谷しほり)の会社に行ってきて、子供が生まれ、預けやすい年齢になるまで入社を待ってもらうことに決めてきたと打ち明けます。

話を聞いて、なつは保育園の事情を調べ、熟考の上決断をした坂場に感謝し、思わず涙を浮かべました。

そして、出産の日が近づいてきたなつは、仲(井浦新)や下山(川島明)、神地(染谷将太)たちに見送られ、産休に入りますが…。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-08-21&ch=21&eid=06823&f=4681

⇒⇒⇒なつぞら第124話 富士子、剛男、泰樹が東京に駆けつけるはこちらから

⇒⇒⇒なつぞら第21週なつよ、新しい命を迎えよ あらすじ(ネタバレ)はこちらから

放送前に

なつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)は子供が一歳くらいになれば、預けられる保育園を見つけられるものと考えるようです。

しかし、なかなかそのとおりにはいかずに今後、子供を育てながら働き続けることの難しさを様々なかたちでなつは味わうことになります。

現在でも子供を育てながら女性が働くことには困難がつきまとってきますが…

一億総活躍などという概念はなく、女性は子供を生んだら、その子供を育てることに専念するのが当たり前だと思われていた時代…

時代の先を行こうとしていたなつ達が様々な困難に突き当たるのは必然だったかもしれませんが…

なつには味方がたくさんいます!

ですから、様々な困難に突き当たるなつは、様々なアシストも受けるようになります!

なつぞら 第123話 視聴率とトピック

なつぞら 第123話 視聴率 19.8%

8月21日(水曜日)放送の『なつぞら』第123話の視聴率は19.8%で4話連続の20%割れとなりました。

田中裕子さん登場!

田中裕子さんが登場しましたね! 産婦人科医役で!

で、田中裕子さんが登場となると『おしん』登場と皆さん言うと思いますが…

確かに田中裕子さんは朝ドラ史上最高視聴率を叩きだした作品であり、日本ドラマ史上歴代最高視聴率作品でもある『おしん』の主人公・おしんであることは間違いありませんが…

『おしん』以外の朝ドラにも

■『マー姉ちゃん』 主人公マー姉ちゃんこと磯野マリ子の妹で、漫画家・長谷川町子がモデルの磯野マチ子

■『わかば』 主人公・若葉の母親・高原詩子

■『まれ』 主人公・津村希と家族のような絆を築いている桶作文役

で登場しているんですよね!

ですから、田中裕子さんの『なつぞら』へのご出演は、確かに「おしん役の田中裕子さん登場」ではありますが…

朝ドラにおける田中裕子さん、「おしん」だけではないんです!

サイトナビ

⇒⇒⇒なつぞら第124話 富士子、剛男、泰樹が東京に駆けつけるはこちらから

⇒⇒⇒なつぞら第21週なつよ、新しい命を迎えよ あらすじ(ネタバレ)はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました