朝ドラ なつぞら 第120話 なつの中に新しい命が宿る

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第120話(8月17日放送)あらすじ(ネタバレ)

「朝ドラ なつぞら 第120話用フォト なつぞら ドラマガイドPart2 表紙=広瀬すず

なつの中に新しい命が宿る

なつ(広瀬すず)が妊娠していたことがわかりました。

夫の坂場(中川大志)と喜んだのもつかの間、これからの生活のことや、産後も仕事を続けていけるのか不安になるなつでしたが…

生活は自分が支えていくと言う坂場に背中を押され、なつは働き続けたいというアニメーターとしての仕事への想いを再確認します。

そして、なつが、下山(川島明)と神地(染谷将太)に妊娠のことを知らせ、たとえ契約社員になっても働くつもりだと伝えると、二人は…。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-08-17&ch=21&eid=03468&f=4681

⇒⇒⇒なつぞら第121話 なつに子供ができたことを皆が喜ぶはこちらから

⇒⇒⇒なつぞら第20週なつよ、笑って母になれ あらすじ(ネタバレ)はこちらから

放送前に

妊娠していたことがわかって、なつ(広瀬すず)は喜びます。

しかし、子供を生んだ後も仕事を続けたいと思っている彼女が置かれた状況は、喜びにばかり浸っていられるようなものではありません。

現在でも子供を生んだ女性が、その子供を育てながら、子供を生む以前と同じように仕事を続けていけるような環境が整っているとは言い難いですが…

昭和四十年代、現在よりももっともっと子供を生んだ女性が、その子供を育てながら働き続けることは困難でした。

まだまだ日本の社会全体に「女性は家を守り、子供を生み、育てるのが仕事であり、子供を生んだ後も男性と同じように働き続けるなんてとんでもない」という空気が蔓延していたためです。

しかし、そんな時代に子供を生んだ後も働き続けたいと思ったなつのことを神地(染谷将太)たちが応援し-

なつは、子供を生んだ後もこれまで以上に責任ある立場で仕事を続けていくことになります!

やはり、なつは開拓者なんですね!

なつぞら 第120話 視聴率とトピック

なつぞら 第120話 視聴率 18.5%

8月17日(土曜日)放送の『なつぞら』第120話の視聴率は18.5%でした。

なつの周囲は味方ばかり

なつ(広瀬すず)の人徳なのでしょうが…

なつの周囲には、いつもなつの味方をしてくれる人ばかりですね!

周囲の人々がなつの味方をするのは、なつが味方したくなるような生き方をしているからなのでしょう。

第120話では、東洋動画で一緒に働く人達が、なつの味方をしてくれましたが…

次週=第21週は、なつの心強い味方=柴田家の人達が十勝から東京に駆け付けます!

サイトナビ

⇒⇒⇒なつぞら第121話 なつに子供ができたことを皆が喜ぶはこちらから

⇒⇒⇒なつぞら第20週なつよ、笑って母になれ あらすじ(ネタバレ)はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました