朝ドラ なつぞら 第115話 なつと坂場の新しい生活が始まる

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら

なつぞら 第115話(8月12日放送)あらすじ(ネタバレ)

「朝ドラ なつぞら 第115話用フォト なつぞら ドラマガイドPart2 表紙=広瀬すず

なつと坂場の新しい生活が始まる

なつ(広瀬すず)が東洋動画で働き、坂場(中川大志)が翻訳の仕事をしながら家事を行う新婚生活が始まりました。

アニメブームの中、なつは「魔法少女アニー」の原画を任されています。

その一方、妊娠して仕事に取り組む茜(渡辺麻友)を見て、働きながら出産することの難しさをなつは実感していました。

その頃、声優プロダクションの仕事が多忙になった咲太郎(岡田将生)の元に、川村屋の野上(近藤芳正)が神妙な顔で訪ねてきます。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-08-12&ch=21&eid=00013&f=4681

⇒⇒⇒なつぞら第116話 咲太郎、光子と結婚することに!はこちらから

⇒⇒⇒なつぞら第20週なつよ、笑って母になれ あらすじ(ネタバレ)はこちらから

放送前に

なつ(広瀬すず)が外で働き、坂場(中川大志)が家で働くというかたちで二人の新婚生活が始まりました。

なつが原画を担当する「魔法少女アニー」の元となっているのは「魔法使いサリー」で、「ひみつのアッコちゃん」「魔法のマコちゃん」…とその後ずっと続く「魔女っ子もの」「ふしぎ少女もの」の元祖となった作品です。

「魔法使いサリー」は当初「魔法使いサニー」となる予定でしたが、商標権の関係で「サニー」から「サリー」に変更となったのですが…

「アニー」という名は、「サリー」よりもこの「サニー」に近いですね!

なお、「魔法使いサリー」は番組開始当初は白黒(モノクロ)で途中からカラーに変わったのですが…

なつが原画を担当する「魔法少女アニー」も白黒(モノクロ)で始まり途中からカラーになったりするのでしょうかね?

ちょっと興味を持っていますので注目しておきたいと思います!

なお、ネタバレしてしまいますと、この第20週で咲太郎(岡田将生)と光子(比嘉愛未)が結婚することになるのですが…

あの野上(近藤芳正)が咲太郎のところに神妙な顔をしてやって来るというのは、それに関わることなのでしょうね…?

なつぞら 第115話 視聴率とトピック

なつぞら 第115話 視聴率 21.3%

8月12日(月曜日)放送の『なつぞら』第115話の視聴率は21.3%でした。

野上さん、マダムのことを心配しているんですね…

野上さん(近藤芳正)は、きっとマダム(比嘉愛未)の父親のような心境なんでしょうね!

まあ、野上さんとマダムの年齢を考えれば、それも当然なのかもしれませんが…

咲太郎(岡田将生)は亜矢美(山口智子)に頼ってもらえるようになるためにということでマダムとの結婚を決意したわけですが…

野上さんに「けじめ」をつけないつもりなのかと問い詰められたことも、結婚を決意するキッカケになったのかもしれないですね!

サイトナビ

⇒⇒⇒なつぞら第116話 咲太郎、光子と結婚することに!はこちらから

⇒⇒⇒なつぞら第20週なつよ、笑って母になれ あらすじ(ネタバレ)はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました