なつぞら第23週なつよ、天陽君にさよならを あらすじ(ネタバレ)

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら
なつぞら第23週なつよ、天陽君にさよならを用フォト なつぞらドラマガイトPart2

なつぞら第23週(9月2日~7日)『なつよ、天陽君にさよならを』 あらすじ(ネタバレ)

『大草原の小さな家』をなつと一緒にアニメ化したい坂場

昭和四十八年(1973年)夏、なつが作画監督を務める『魔界の番長』の放送が始まりました。

なつは、テレビを観ていた優が番長が魔人に変身すると怖がって寝室に逃げていってしまうのを見て暴力的な作品を優には見せたくないと思いながら自分がそれを作っていることに矛盾を覚えました。

神代や桃代が東洋動画からマコプロダクションに移ったことを話題にしたなつは坂場から『大草原の小さな家』という本を手渡されます。

坂場は、なつと一緒にマコプロダクションで、この『大草原の小さな家』をアニメ化したいと考えていたのです。

しかし、なつは、東洋動画からマコプロダクションに移る者が次々に出る中、自分は仲たちを裏切るようなことはできないと思っていました。

入院していた天陽が病院を抜けだして…

十勝では、一度退院した天陽がまた体調をくずしてしまい帯広の病院に入院していましたが…

夏の終わりのある日、退院が決まったから、アトリエにある描きかけの絵を描きたくなり居ても立っても居られなくなって抜けだしてきたと言って天陽が山田家に戻ってきました。

そして、馬の絵を描き上げた天陽は、翌朝、妻の靖枝に畑を見てくると言ってジャガイモ畑に向かいましたが…

退院が決まったという話は実は天陽の作り話でした。

なつ、天陽と話す

九月になりようやくまとまった休みが取れたなつは、優と一緒に柴田家に帰ってきました。

そして、自分が何をしたいのかがわからなくなっていたなつは、富士子に仕事を辞めるかもしれないと打ち明けます。

翌日、なつは、優、剛男、富士子と一緒に山田家を訪れ、天陽のアトリエを見せてもらいます。

そこにあった天陽最後の作品となった馬の絵を見ながら優と話をしていたなつは、こらえきれなくなり嗚咽しました。

アトリエには天陽の自画像もあり、それに向き合っていたなつには天陽の声の聞こえてきます。

そして、なつは天陽に悩んでいる自分がどうすべきなのかを問います。

なつ、仕事を続けることに決める

山田家を出た後、優と二人で「雪月」に行ったなつは、雪之助からあるモノを見せられました。

それは、天陽が生前に描いていた「雪月」の包装紙で牛が放牧されている風景の中に風を受けて一人の少女が立っているもので…

それを見ているうちになつの目に大粒の涙があふれてきます。

その夜、なつは優に『大草原の小さな家』の本を読んでやり、優が眠った後、机に向かい、物語の登場人物たちの絵を描いていました。

翌朝、その絵を見て、これを見たいと言われたなつは、坂場にすぐに電話をかけます。

そして、『大草原の小さな家』の企画がまだ動いていないことを確認すると、自分にやらせてほしいと伝えました。

なつ、東洋動画に退職願を出す

東京に戻った日の夜、なつは坂場から企画書を見せられます。

それは、『大草原の小さな家』からヒントを得た北海道を舞台にした開拓者の家族の物語のもので、既に麻子の了解も取り付けてありました。

ただし、その企画を進めるために麻子は、なつが作画監督を引き受けてくれたらという条件を出していました。

演出の坂場と一緒に是非、その仕事をしてみたいと思ったなつは、東洋動画に出社すると、まず最初に仲にそのことを話しました。

仲のおかげで仕事を続けられたのにそれを裏切ることになると詫びるなつに対し仲は、アニメーターは一つの会社にこだわっているべきではなく、一つの作品にこだわるべきだと言ってくれました。

なつが退職願を出したことはテレビ班中にすぐに知れ渡りますが、作画監督という立場上、すぐに仕事を辞めることはできず、なつは翌年の三月まで東洋動画で働きました。

参照:NHKドラマガイド 連続テレビ小説 なつぞら Part2

サイトナビ

⇒⇒⇒なつぞら第24週なつよ、この十勝をアニメに あらすじ(ネタバレ)はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました