なつぞら第21週なつよ、新しい命を迎えよ あらすじ(ネタバレ)

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空なつぞら
なつぞら第21週なつよ、新しい命を迎えよ用フォト なつぞらドラマガイトPart2

なつぞら第21週(8月19日~24日)『なつよ、新しい命を迎えよ』 あらすじ(ネタバレ)

麻子がアニメーションの仕事を再開していた

結婚してイタリアに行った麻子は、日本に戻ってアニメーションの仕事を再開していました。

新しくできた「関東プロダクション」という制作会社と提携し、テレビ漫画を作る「マコプロダクション」を興していたのです。

「マコプロダクション」には下山も東洋動画を辞めて参加することが決まっていました。

なつと坂場の家を訪れた麻子は、演出家として坂場にも「マコプロダクション」に来てほしいと言ってくれました。

それを聞き、なつは喜びましたが、坂場は自分が働きに出れば、子供を生んだ後、なつが働けなくなってしまうためにすぐに返事はできません。

坂場は一年後からマコプロダクションで働くことにしたが…

子供が一歳くらいになれば保育園に預けられるだろうということで、結局、坂場は一年後から「マコプロダクション」で働くことにしました。

しかし、産休に入ったなつは、ゼロ歳児や一歳児を預けられる保育園はそうそうなく、それなりの理由がなければ入所申請も通らないという厳しい現実を知ります。

なつの子供の名前は泰樹がつけることに

なつの出産が間近となった時、東京に泰樹、富士子、剛男がやって来ました。

そして、産婦人科医院に運び込まれたなつが無事に元気な女の子を出産し…

泰樹、富士子、剛男、咲太郎、光子が笑顔で取り囲む中で坂場に抱かれた赤ん坊の姿をなつはスケッチブックに描きました。

なつから赤ん坊の名前をつける役目を頼まれた泰樹は、東京に留まり、七日間考え抜いた末、なつのように優しい子になってほしいという願いを込め、赤ん坊を「優」と名付けました。

保育園に優をあずけられず、なつは途方に暮れる

産休が明け、職場に復帰したなつは、仕事中も優のことが気になって仕方がありません。

なつは子供を生んでからやっと気づいたのです。子供を育てながら仕事をしていく上で一番の敵になるのは、子供のことが気になってしまい仕方がない自分自身だということに…。

そして、一年近くが経ち、優を預けなければならない時が近づいてきましたが…

申し込んでいた保育園は全て落ちてしまい、優を抱きながら、なつは途方に暮れてしまいます。

参照:NHKドラマガイド 連続テレビ小説 なつぞら Part2

サイトナビ

⇒⇒⇒なつぞら第22週なつよ、優しいわが子よはこちらから あらすじ(ネタバレ)はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『なつぞら あらすじ(ネタバレ)・視聴率』の全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました